×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
「いやぁ、ご苦労様でした、遠野君。疲れたでしょう?」
どさっ!!
「そ、そりゃぁ、こんな、置いたときに『どさっ!!』なんて音がする量を持たせられれば疲れるって…」
 置いた買い物袋の中身を改めて見ると、卵に始まり、特売の肉やら魚に加え、牛乳やら味噌やら、普段自分では持ちたくないものまである。
「あはは…まぁ、折角ですからね」
「うっ…まぁ、ご馳走してくれる手前、文句も言えないけどさ」
「…相変わらす、優しいですねぇ、遠野君は」
 眼鏡越しに艶のある瞳を見ながら、そんな言葉を聞くと、ドキっとする。
「ん?どうしました遠野君。台所はアッチですよ」
「えっ、ああ、わかったよ。これ運ばないとなっ」
 いくら恋人同士でも、やはり照れ臭い。他人が聞いたら笑うかもしれないけど、こういう初々しさみたいなのは大事だとも思う。
 
「さて、遠野君は私の10倍くらいはお疲れのようですから、あちらで休んでいてくれていいですよ」
「え?でもそれじゃぁ悪いよ」
 流石にどこぞの亭主関白でもあるまいし、女の子を1人台所に立たせるというのも、やはり抵抗がある
「いいんですよ。私がそうしたいんですから。さ、男の子だったらグダグダ言わずにとっとと休んでください」
「わかったよ。それじゃお言葉に甘えるとするよ」
「よろしい」
 大の男を捕まえて男の子もないと思うが、この際細かいことは気にしないでおく。事実、俺は疲れていたし、手伝うといっても何を手伝ったらいいかもわからないのだ。
 ここは彼女言う通り、休ませてもらうのが吉だ。
 
 いつも通り、ベッドルームに行き、気兼ねなくベッドに横たわる。最初の頃は気が引けたが、今では勝手知ったるなんとやら、だ。
 
 
……疲れに任せて横たわってみたが、やはり眠れない。考えることが多すぎるのだ。
「もしこのまま就職ができなかったらどうするのか」
「もしそうなれば、どうやってシエルを支えていくのか」
もし、もし、もし、もし………
 仮定の上に仮定が積み重なり、不安がそれに比例して大きくなっていく。
 こういったものは、自分では抑えることができない。
 以前、自分を悩ませたロアによる反転衝動然り、だ。
 あの時はシエルのおかげで抑えることができたし、ロアも滅することもできた。
 しかし、今度はそうはいかない。自分の不安なんていうものには”死の点(線)”などというものはないし、シエルに頼るわけにもいかない。
 
 シエルといえば、先ほどの買い物の時は楽しかった。学生服の青年にシスターというのは、人の感心を寄せるには十分な組み合わせだったようで、通る人通る人が奇異の目を傾けた。
 俺はそれを気にしているというのに、シエルときたら、「皆さん、そんなにシスターが珍しいんですかねぇ?」だものな。
 まったく、鋭いんだか鋭くないんだか…。女の子というものはそういうものだとはよく言うが、本当にそう思う。
 
 気づくと、失笑し、心が穏やかになっている自分がいた。
 ギュッと自分の下唇を噛む。こんなことではいけないのだ。こんなことでは……
 
「遠野君、起きてますか?」
 スッと、入り口からシエルが入ってきて、声を掛ける。
 少し驚いたが、そんな様子を見せないように平静さを装って返事をする。
「ん、起きてるよ。いやぁ、どうも腹が減りすぎて寝付けないみたいだ」
「ふふっ、そうですか。遠野君らしい、といえば、らしいですね」
「それよりも、料理の方はどうしたんだ?」
「ああ、ついでですから夕飯の分も作ろうと思って、仕込みをしていたんですが、それも終わったので味が食材に漬くまで暇なんで、ちょっとお話でもしようかと思いまして」
「あ〜、久しぶりだものな、こうやって会うのってさ」
「ええ、ですから、ね」
「うん、わかった。俺も寝れそうにないから、ちょうどよかったよ」
 
 ”ちょうどよかった”その言葉の持つ意味を自分で気づいたとき、どうしようもなく腹が立った。無意識にとはいえ、俺はシエルを利用しているのだ。シエルにそれを言えば、「違う」と答えるのだろうが、事実俺にはそうとしか思えないのだ。
 
「…やっぱり、最近の遠野君は様子がオカシイですね」
 シエルが怪訝な顔をして聞いてきた。
 …気づかれるわけにはいかない。
「……前にも言ったけど、そんなことはないよ。シエルは心配しすぎだよ」
「嘘、です」
 まるで既に確信しているかのごとく言われ、俺は焦った。しかし、なんで……
「『なんでわかったんだ』といった顔ですね」
「!!??」 
「…遠野君自身は気づいてないみたいですけど、遠野君は嘘をついたり、困ったりすると眼鏡を無駄なまでに触るんですよ。何故かまではわかりませんけど」
「……」
 
 そういえば、以前にも有馬の家の母さん…啓子さんにも同じことを言われたことがあった。その頃の自分は、こう思ったものだ。「ああ、僕は今でも先生を頼ってるんだな」って…。
 つまり、あの頃から僕…いや、俺は何も変わっていないんだ。先生に「素敵な大人になりなさい」と言われた頃の、幼い自分と。
 
「…!!」
 そう思うと、先ほどの何十倍も自分に腹が立った。自分の下唇を噛み千切ってしまうのではないか、と思える程に、強く、強く噛んでいた。
 
「!!遠野君…!」
「?…!!」
 自分の口元をツゥっと何ともいえない感触が伝わり、それが唇からにじみ出た血によるものだと気づいたとき、すでに……すでに、”シエルは俺に口付けをしていた”。
 
 俺が驚いている2,3秒の間に、シエルは俺の口から離れた。
 そして、彼女は自分の口元に指を這わせると、こちらに指を見せた。
 
「ほら、遠野君、血ですよ!血!!まったく、そんなに噛んだらこんな程度じゃ済まなくなるところでしたよ!!」
 あまりの事態の急変に、俺が未だに呆けていると、今度はふわぁっと、包み込むようにシエルが抱いてきた。
 その暖かさで、段々と俺は落ち着いてきた。
「……」
「落ち着きましたか?遠野君」
「…うん」
「それはよかった。でも、まだ心配なんで、しばらくこうしていますね」
「…いや、それは……」
「いいから、ね?」
「…うん」
 なんだかずっとこんなやりとりばかりしているような気がする。
 
「…なんで、あんなことしたんですか?」
「……」
「ほらっ、もう嘘をつく必要なんてないんですから。素直に言っちゃってください」
「はははっ、先輩には適わないや」
「…そう呼んでもらうのは、久しぶりですね」
「ああ、今から言うことは、多分、”シエル”によりも、”先輩”の方が話し易いからね」
「ふふっ、それでも良いですよ」
「ありがとう」
「いえいえ。それでは、”先輩”として聞きますね。なんで、あんなことしたんです?」
「……俺、知らない内にいろんな人に頼ってることがわかったんだよ」
「”いろんな人”というのは、誰です?」
「先生と……」
 もう1人の名を言って良いのか。本当に良いのか。そう思いもしたが、どうせ”先輩”には逆らえないのだ。
 俺は意を決して、そのもう1人の名を言うことにした。
「先生と……シエルに」
 
その4へ

SS選択ページへ戻る