×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
「お〜い、遠野ぉ〜〜!!!」
夏休みの終わりを告げる終業式。その帰りに自称親友の有彦が校門を出た辺りで声を掛けてきた。
「進路の先生に聞いたぞ!就職先決まったんだってな!?」
「就職先っていっても、まだ試験もやってないんだぞ。気が早すぎるよ」
「まぁ、硬いこというなって。お前なら面接官の受けだって良いって。絶対な!」
「うん、サンキュな…」
「おっ、珍しく素直じゃねぇか。お兄さんは嬉しいぞ!!」
「いつからお前は俺の兄貴になったんだ?」
「まぁ、まぁ」
「まったく、お前は気楽でいいよな。専門学校に行って、しばらくは就職しなくていいんだものな」
「へへん、世渡り上手と言ってくれい、まい・ぶらざ〜」
 俺の首に手を回し、怪しい目つきで言う。
「うがっ、気色悪いなぁ〜…」
 
「遠野君!」
 
「「どわぁっ!?」」
突然の声に有彦共々驚く。この声と登場パターンは…
「先輩じゃないですかぁ!!」
 
 先に口火を切ったのは有彦だった。普段自分の姉にいびられているだけあって、こういうときの立ち直りは早い。
 思い返せば、俺とシエルが付き合っていることを知った直後も、こいつはこうやって直ぐに立ち直った。
「わざと気を利かせているのか?」と一度聞こうかとも思ったが、それは聞かぬが華というものだ。
 もしかしたら本当にこういうやつなのかもしれないし…。
 
 振り返ったところに立っていたのは、有彦の言う通りシエルだった。今日も教会に行っていたようで、シスター姿だった。
 
「今日はまたどうしたんです…って、あ、そうですよね。折角こいつが午前放課なんですもんね。じゃ、俺は用事があるんで、そいじゃ、先輩、またぁ〜〜〜!!!」
 
呼び止める暇を与えないスピードで去っていく有彦。
 
「「………」」
 
「有彦君も相変わらずですねぇ〜」
「…あの馬鹿……」
「ふふ、そこが彼の良い所、ですよ」
「ははは、まぁ、そうかもな」
「それじゃぁ、これから私の所でお昼といきましょうか?」
「最近、シエルのとこばかりで食べてたから、昨日、使用人の琥珀さんに『志貴さんが食べてくれないと、作り甲斐がないですよ〜。秋葉様もあまりお食べにならないし、翡翠ちゃんもまかないを作っても、姉さん毒は入ってないですよね?、な〜んて聞かれるし、私寂しいですよ〜』なんて言われちゃったよ」
 これは半分冗談だが、半分は大本気である。本気と書いてマジである。
「ふふふ、それじゃぁ可哀相ですけど、その琥珀さんには、もっと寂しがってもらいましょう」
「はいはい、わかりました。仰せのとおりに」
「はい、よろしい」
 
 
 こうして、シエルとの日々は続いていく。辛いこと、苦しいことがあっても、きっとその先には幸せがある。そう信じられる日々が…ずっと……。
 
 
 
END

SS選択ページへ戻る
 
 
著者・あとがき
 いやぁ、お疲れ様でした。先日ホッタさんから頂いたシエル先輩によって、「何か書こうかな」と思ったのがそもそもの始まり。その後別の友人との電話中に突然執筆の火が点き、一気に書き上げました。
 これからも何かにつけて書くと思われますが、付き合ってやってください。
 それでは〜〜!!