×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 
 振り返ると、そこには…
 
 シエルが立っていた。
 格好は以前審問官時代に来ていたようなものではなく、よくあるシスター服だ。
 
「シ、シエル!?」
俺は豆鉄砲をくらったハトのような声を出した。
なんだか今日はこんなことばかりのような気がする。
 恐らく間違っていないのだろうが。
 
「どうしました?遠野君」
「”どうしました?遠野君”じゃないよ、シエル!人を驚かすようなことしておいて…」
「あはは、それはすいませんでしたね。ゴメンなさい」
「う、うん。別に謝らなくてもいいよ、うん」
こういう風に出られると分が悪い。
「それにしてもどうしたんですか?今日は。就職活動はいいんですか?」
「…それなんだけど、なんか今日先生方全員で会議らしくって、締め出されちゃったんだよ」
「あっ…そうですかぁ…それはラッキーですね♪」
どうやら彼女なりに”会議”というものの意味を理解したようだ。
それが嬉しくもあり、悲しくもある。
「うん、それでここに来たってわけなんだよ」
「いやぁ、私も園長さんに、『ちょっとシエル君。君のイエス様がお待ちだよ』な〜んて言われたときはビックリしちゃいましたよ」
「……あの人なりのジョーク、なんだろうなぁ」
「そう、だと思いますよ?」
…あの人のことで頭を悩ますのも馬鹿らしい。
話題を変えることにした。
「それよりもシエル、今抜けられるかい?」
「う〜ん、ちょっと無理ですねぇ。2時頃まで待ってもらえますか?その時間になれば、子供達はお昼寝に入るますから」
「2時ぃ?う〜ん、それまで何してようか…」
恥ずかしいことだが、就職活動とシエル関係以外にはこれといってやることがないのだ。
「お屋敷に戻って昼食でも取ってきたらどうですか?ここからなら近いですよ」
「いや、それはやめとく…秋葉に『就職活動はどうしたんですか?!どうせ兄さんのことだから、またサボッてきたんでしょう?!』とか言われて、一々釈明するのも面倒臭いしね」
冗談半分、本気半分である。
「あはは、遠野君の秋葉さんアレルギーも相変わらずですねぇ」
「からかわないでくれよ。こっちは結構大変なんだからさ」
「はいはい、わかりましたよ」
「それはいいんだけど、本当にどうしようかな。2時まで」
「ん〜…そうですねぇ、それじゃぁ、シスター前山に何か手伝うことが無いか聞いてみましょうか?」
「う〜ん、仕方ないか。この際だから、そうするよ」
何もしないでいるよりは、マシだ。
 
 
「…と、いうわけなんですよ。シスター前山。何かお仕事はありますか?」
膳は急げの言葉通り、直ぐにシスター前山に聞くシエル。こういうときの行動力は、感心するより他ない。
「そうですねぇ…それじゃぁ普段は力仕事ができませんから、片付けをしてもらいましょうか」
「はい、わかりました。頑張らせてもらいますよ!」
「ええ、じゃぁお願いしますね。場所は…こっちです」
「じゃ、シエル。行ってくるよ」
「はいはい。いってらっしゃい。遠野君」
『いってらっしゃい』という言葉を聞いて、少しにやけながら、俺はシスター前山に付いていった。
 
 
 …3時間後の午後2時過ぎ。
 
「…くはぁ……つ、疲れた。よもや奉納品から始まって倉の掃除までさせられるとは…」
「ご苦労様でした。遠野君」
「飯抜きでぶっ通しだったから、なおさら、ね」
「あはは、それならちょうど良かったですよ。私もお昼、まだですから」
「えっ、そうなの?またなんで??」
「いやぁ、言いづらいんですけど、なんとなく遠野君がこういうことになるかなぁって思ったもんで」
「……相変わらず勘が鋭いな」
「ええ、恐縮です♪」
「だったら、最初に言ってくれよ…」
「まぁまぁ。お詫びと言ってはなんですけど、これからウチでお昼作って、ご馳走しますよ」
「ん、まぁ…そういうことなら」
「はい、じゃぁ決定!早速帰りに食材買ってきましょうか」
「ああ、わかった」
 
 我ながら、自分の食い意地に失笑するが、それでも構わなかった。
 
 少なくとも、その間は無理なことをしなくても、シエルの前で本当に楽しくしていられるのだから……
 
 
その3へ

SS選択ページへ戻る